相続税の問題が起こった時に注意したいこと!

遺産に不動産が多い場合

親が大きな土地の大きな屋敷を持っているとき、子供の時は住むのが楽しかったかもしれません。でも大人になり、親が高齢化してくると、相続の問題が出てきます。相続では、親の資産は所定の遺族に分けられます。配偶者に半分、その半分は子供が受けるなどです。その通りにしたくなければ、遺言書などに残すことになります。
いざ遺産を持つ人が亡くなると、どのように遺産を分ける科の話し合いが行われます。そして分けられた遺産に基づいて相続税の支払い額も決められます。不動産を分けるのは難しいからと、ある人が引き継ぐことがありますが、不動産だけを引き継いでも支払うお金がない場合があります。納税資金のことも考えて、遺産の配分をしないといけません。

子供や親がいないときの相続

相続の決まりとして、まず配偶者がいます。子供の場合は2分の1ずつです。子供がすでにいなくて孫がいるなら、代襲で孫に分けられます。子供も孫もいないなら親になり、親もいなければ兄弟姉妹になります。兄弟姉妹に子供がいればやはり代襲されることになります。
配偶者は子供、孫、親ぐらいであれば、日頃からそれなりにコミュニケーションを取っています。相続の話などもしやすいかもしれません。しかし兄弟姉妹、さらにその子供となるとあまりコミュニケーションを取っていないこともあります。その人たちといきなり相続遺産や税金の話をするのは難しいこともあります。甥や姪に相続が行くような場合には、早めに連絡を取り、話し合いをするようにしなければいけません。