誰もが深刻に悩みがちな相続税の問題

相続税はどのような税理士に依頼すればよいのか?

相続が発生した際、多くの人は税理士に相談すると思います。税理士は相続税法にしたがって相続税の申告書を作成します。ですから相続税に詳しい税理士でなければ申告書を作成することができません。税理士なら誰でもいいという訳にはいかないのです。
多くの税理士は個人の確定申告や法人税の申告を仕事としています。一度も相続税の申告をしたことがないという税理士も大勢います。
相続が発生したらまずは慎重に税理士を探すところから始めましょう。口コミ、紹介、インターネットなどを使って探した税理士も相続税の申告をしたことがあるのかを必ず確認してください。その際目安として1年間で数十件の申告実績がある税理士を選ぶのが無難だと言えるでしょう。

相続を念頭にした事前準備も大切

相続で慌てたり揉めたりしないためには、事前の準備も重要です。資産を生前から贈与するなどして相続税の節税を考えたり、土地の相続を考慮して生命保険を活用したりしなければなりません。ここでも税理士の力を借りて入念な試算が必要でしょう。
税理士試験は選択科目制なので、相続税法を選択せずに税理士試験に合格した人は相続に詳しくない傾向にあります。相続税法には贈与税に関する法律も含まれますので、やはり税理士選びは相続の事前準備を考えるうえでも大変重要になってきます。
相続が発生したときに慌てることがないように、被相続人(遺産を相続する人)と相続人(遺産を受け取る人)は税理士を交えて、節税対策も含めた打合せをしておくべきでしょう。そのためにも、実績が十分あり、信頼できる税理士を選ぶことは相続の事前準備をするうえでも大切になってきます。